みなさまへ

日本PDA製薬学会理事長:寺田勝英

日本PDA製薬学会会長:寺田 勝英

日本PDA製薬学会は、医薬品の製造管理および品質管理に関する技術の研鑽と各国の薬事、許認可、GMP、バリデーションなど、レギュラトリーサイエンスと製薬技術に関わる情報提供と教育啓蒙を目的として活動しております学術会議に所属する学会であります。

国際的な学術団体であるPDAに課せられた課題に、国際的な規制のハーモナイゼーションがあります。FDAやEUを始めとする各国行政や、ISO、ICH、さらに各国薬局方など数多くある各種規制・規格とわが国のそれらとの整合性を図って行かなければなりません。そのために、ボランティア精神により、レギュラトリーサイエンスと製薬技術に関わる諸活動を積極的に推進して参ります。

さらには、これらの規制の基礎となる科学、技術の進歩は目覚しく、積極的かつタイムリーな情報発信と啓蒙が望まれます。その意味で、学術誌である「日本PDA製薬学会学術誌 GMPとバリデーション」の一層の充実を図り、年会、講演会、研究成果報告会、教育コースの開催を通 じて、有益な議論が行われるよう進めて参ります。そして、これらの活動を通 じて、国民の福祉と健康に貢献し、そのことによって日本PDA製薬学会の存在が意義あるものとなることを期待しております。 

会員の皆様方の日本PDA製薬学会への積極的なご参加、ご支援を、より一層お願いし、我が国のレギュラトリーサイエンス分野がますます発展していきますことを心から願っております。